和幸船舶株式会社
サイトのご利用について プライバシーポリシー お問い合わせ
輸送サービスのご紹介 船舶のご紹介 和幸船舶の取り組み 航路ネットワーク 環境保全 会社概要
環境保全

船舶のご紹介
輸送サービスのご紹介
モーダルシフトの必要性
和幸船舶国内輸送ネットワーク
岡まわり日記

和幸船舶は21世紀の地球環境と海上物流の未来を見つめています。
弊社は、環境保全が21世紀における最重点課題と位置付け、地球環境と調和した企業活動を実践することで業界と社会に貢献できる企業を目指しています。
1. 当社の事業活動に伴う環境影響を少なくするために、 環境に対する目的と目標を定め、組織及びルールを確立し、これを継続的に改善する。
2. 国土交通省のモーダルシフト運動に賛同し、「地球に優しい、大量輸送の実現」のため、長距離貨物輸送におけるトラックと鉄道・海運の割合を現状の40%から50%に向上させるという目標達成に勤める。
3. 当社は環境に関係する法規及び地域と協定を結んでいる事項等を遵守するとともに、地域社会との調和をはかる。
4. 当社は事業活動に伴う環境影響に対し、次の項目について継続的改善と汚染防止に努める。
モーダルシフトとは
モーダルシフトロゴ   平成9年(1997)の京都会議で地球温暖化対策としてCO2(二酸化炭素)を1990年に比べ2010年前後には6%程度削減することが決まりました。運輸部門のCO2排出量は日本全体の約2割ですが、そのうち9割は自動車が占めています。このため、運輸省ではCO2削減に向けてさまざまな取り組みを行っていますが、その一つがモーダルシフト(Modalshift)です。モーダルシフトとは、トラックによる幹線貨物輸送を、「地球に優しく、大量輸送が可能な海運または鉄道に転換」することをいいます。
     
 



ページTOPへ

COPYRIGHT (C) 2006 WAKO SENPAKU ALL RIGHT RESERVED.